高嶋哲夫『乱神』幻冬舎刊

乱神(ハードカバー)

ここには文章を入力することができます。クリックして編集してください。いつでも変更が可能です。

乱神(文庫版・上巻)

ここには文章を入力することができます。クリックして編集してください。いつでも変更が可能です。

乱神(文庫版・下巻)

ここには文章を入力することができます。クリックして編集してください。いつでも変更が可能です。

『乱神』の理解を深める作品

「キングダム・オブ・ヘブン」
12世紀フランス。鍛冶屋の青年バリアンは妻子を失い生きる望みも失いつつあった。ある時、そんな彼の前に十字軍の騎士ゴッドフリーが現われ、自分が実の父親であるとバリアンに打ち明ける。勇敢で高潔なゴッドフリーは、本当の騎士道とは何かをバリアンに示し、聖地エルサレムへの旅へとバリアンをいざなう。

「ラストサムライ」
明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元はサムライの時代の終わりを察知していた。しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。日本初の近代的軍隊を訓練する教官としてオールグレンを雇った時、二人の戦士の運命がひとつに重なる。

「日蓮と蒙古大襲来」
他宗信者の迫害に屈せず、国を愛し真理を尊び権威を恐れぬ日蓮の信念の強さにいつしか周囲には日蓮に帰依するものが増えていった。そして時は文永11年。日蓮が予言したことが事実となる。蒙古軍襲来。身の危険も顧みず、日蓮は敵国降伏を祈り続けた――。 

「北条時宗」
権力争いの絶えない混乱の鎌倉時代に、御家人や蒙古という内外の敵に抗いながら、
新しい国づくりをめざした八代執権・北条時宗。その苦悩と栄光に満ちた34年の短い生涯を、CG・デジタル合成技術やモンゴルロケも交えて国際色豊かに描く。

「アンゴルモア 元寇合戦記」
時は文永11年(1274年)。 鎌倉武士・朽井迅三郎はある事件により、罪人として対馬へ流刑となる。 島を治める地頭代の娘・輝日は、対馬へたどり着いた流人たちに、 蒙古の大軍勢が対馬へ迫っていることを伝え、ある命令を下す。 「さぁ、お前たち。この対馬のために、死んでくれ」 死罪となる代わりに捨て石となれと命じられ、 是非も無い流人たちは、蒙古軍との戦いへ身を投じる。 

AAA

参考文献

「日本中世の民衆象」

弥生時代いらい稲作を中心に生きてきた単一の民族という日本人像は、近世以降の通念にしばられた虚像ではないだろうか。本書は、中世民衆が負っていた年貢・公事の実態とその意味を問い直し、さらに遍歴する職人集団の活動に光を当てることにより、その虚像をくつがえす。日本中世の多様な姿とゆたかな可能性が描き出される。

「イングランドの中世騎士―白銀の装甲兵たち」
15~16世紀にかけてのイングランドは、断続的ではありながらも常に戦闘が繰り返された時代であり、全身を板金鎧で武装し、鉄の塊となった騎士たちが、戦場でその身をぶつけあった。本書では、中世後期のイングランド騎士に焦点をあて、その生活、装備まで解説している。

「キリスト教文化の常識」
毎日の挨拶や人名・地名、祝祭日、ライフサイクルなどに密接に関連したキリスト教の言葉と精神―その由来と意味を簡明に説き明かす。欧米人の生活と価値観を伝える、国際化のためのガイドブック。

「西洋騎士道大全」
白馬にまたがり、屈強で、輝く鎧を身にまとう。困っている乙女がいれば必ず助けに向かい、勝ち目がなくても戦いを拒否することはない。騎士の高い理想はロマンスや年代記、また儀式や祝典において常にたたえられていた。一方、中世を通して騎士が犯した蛮行についての話も歴史には残されている。

お問い合わせ

連絡をとる

所在地

Takashima Tetsuo-Last Crusader-Ranshin

お問い合わせ

takashima.tetsuo@gmail.com